ゲーミングPCとはなに?初歩的なことから選び方まで分かりやすく解説!

ゲーミングPC初心者ガイド

パソコンでゲームを楽しむ人は年々増え、それに伴ってメジャーになってきた『ゲーミングPC』という単語。
「パソコンでのゲームプレイに興味があるけど、知識がないし、小難しい単語が多くて入っていきづらいなー」
そんな方へパソコン選びに知っておきたい知識を分かりやすくお伝えし、納得のいくパソコンを選べるようお手伝いします。

ゲーミングPCとはそもそもなんのこと?

ざっくりいうと『ゲームを快適にプレイできるパソコン』のことで、厳密に定義が決められているわけではありません。
”一般的なPC”と”ゲーミングPC”で主に違うところというと、

・グラフィックボード(略してグラボ)が搭載されている
・高性能なCPU、メモリが搭載されている

といった点が分かりやすい違いになります。

PCのパーツや用語についての簡単な解説はコチラ

ゲーミングPCがあると何ができる?【ゲーミングPCのメリット】

もちろんゲームをするためのPCなのですが、もう少し具体的にメリットを挙げていきましょう。

ゲームを高画質、快適にプレイできる

まずPS4やXBOXなどの家庭用ゲーム機(CS機)より、ゲーミングPCの方が圧倒的に性能が上です。
※古いパーツを使った場合は別です

PS4版、XBOX版、PC版と発売されているゲームがよくありますよね。
内容はどれでも基本的に一緒です。
しかしPC版は他とは比べ物にならないほど『画質が細かくキレイ』に、『なめらかでヌルヌルな動き』に加えて『ロード時間も短い』ことがほとんどです。

もちろんPCの性能によってゲーム体験の質は変わりますが、当サイトでオススメしているPCはPS4やXBOXを上回るものなのでご安心を。
高性能なゲーミングPCであればあるほど、より高画質な設定で快適に遊べるようになります。

周辺機器は好きなものを使える

マウス、キーボード、コントローラー(ゲームパッド)、アーケードコントローラー、ヘッドセット、イヤホン、マイク、スピーカー・・・などなど、ゲームに使う周辺機器はたくさんあります。
PCで使う場合はほぼ制限がありません。
たくさんある選択肢の中から自分が使いやすい好きなものを選んで使えます。

中でもPCと言えばやはりマウス、キーボードでの操作ですよね。
特にFPSや3Dアクションでのカメラ操作は、マウス操作の快適さを知ってしまうとコントローラーには戻れなくなります。
※FPS・・・ファーストパーソンシューティングゲーム。本人(主観)視点でプレイするゲーム。

普段使いもフリーズ無縁の快適さ

高性能なCPUとメモリがあるおかげで、ゲーム以外の普段使いもとにかく快適。

ネットを見るにもワードエクセルなどの事務作業をするにも、フリーズとは無縁の快適動作です。
エクセル作業中にフリーズし、それまでの作業が消えて叫びたくなったことありませんか?
ゲーミングPCなら音楽ソフトを使いながら、ブラウザで10個タブを開いて、エクセルもワードもたくさん開いて作業をする。
まったく固まりません。余裕です。

家庭用と比べてゲームを安く買えることが多い

PCでは一般的にゲームをダウンロード購入します。
オンラインショップでの購入になりますが、セールでとんでもない割引率でソフトが売られることがあります。
最新ゲームはさすがに控えめな割引率になることがほとんどですが、発売からある程度たったゲームだと50~90%引きになったりします。

これは家庭用ゲームではまず見られない値段で、初めて見た時は衝撃を受けました。
気になっていたけど時間がなくてパスしたものだったり、定価で買うには高いと思ったものは、寝かせておいてセールで安く買うことを狙ったりします。

ちなみに、FPSや格闘ゲームなど、オンラインで遊ぶ場合にオンラインサービス利用料のような月額料金はかかりません。
具体的にいうとPSPlusのようなサービスですね。
こういったサービスを利用する必要がなく、ゲーム代だけで完結するものがほとんどです。
MMO(FF14など)のような独立した課金体系の場合には月額料金がかかるものもあります。

凝ったゲーム配信ができる

高性能なゲーミングPCがあればゲームをプレイしながら同時にyoutubeやtwitchなどで配信が可能です。
PS4でも配信はできますが、画面構成は決まった形から選ぶしかありません。
その点PCなら自由に色々なことを設定することができます。

・画面の好きな場所に文字や画像、カメラなどを好きな大きさで表示できる
・チャンネルをフォローしてくれた時などに自分で決めた画像やメッセージを表示できる

注意点として、配信はCPUに負荷がかかるため、配信とゲームどちらも高画質にするには高めのスペックが必要です。

また、配信は自分のプレイを録画するために使うことも出来ます。
この場合配信サイトにデータは保存されるので、自分のPCのストレージを圧迫することなくプレイ動画を残せるメリットがあります。

ゲーミングPCのデメリット

ではメリットに対してどういったデメリットがあるのでしょうか。

値段が高い

とにかくコレにつきます。
どの程度の快適さを求めるか、遊ぶゲームによっても値段は変わりますが、新しいゲームを快適にプレイできるスペックとなると安くても15万円はかかります。
10万円程度、それ以下の値段のモデルもあるにはあるのですが、ゲームプレイの質については期待できません。
ネットを見たり、作業ができるパソコンに『おまけ程度のゲーム機能もついてる』くらいに考えてください。
新しいゲームをキレイな画質、なめらかな動きで遊ぶなんてとても出来ないので注意。
ゲームだけが目的で予算10万円程度なら、PS4などの家庭用ゲーム機をオススメします。

ゲーミングPCの選び方!何を基準にして選ぶ?

「PCでゲームしたい」と思い立ち、ゲーミングPCが何なのかを理解したら次にぶつかる問題・・・

PCの選び方が分からない!

となりますよね。
そんな中、下の3つから決めていく場合が多いと思います。

・プレイしたいゲームが動く
・値段(なるべく安く)
・性能(なるべく良い)

この3つから考えることも間違いではないです。
パソコンは性能も値段もピンキリですよね。
もちろん安くて性能が良いものを欲しいところ。

正直に言ってハイスペックなゲーミングPCは安い買い物ではありません。
最終的には出せる金額の範囲で選ぶしかないですが、安いPCでは快適に遊ぶことが出来ず買った意味がなくなってしまう場合もあります。

そこで、上で挙げた3つの項目だけでなくもう少し掘り下げて、自分はゲーミングPCでどうしたいかを考えましょう。
そうすれば後悔しない納得のいくPCが選べるはずです。

サイト管理人が考える失敗しないゲーミングPCの選び方はコチラ

ゲーミングPCは『BTO』と『自作』どっちがいい?

最近ではゲーミングPCといえば『BTOパソコン』と認識されるくらいBTOはメジャーになりました。
BTOとは『Build to Order』の頭文字で、受注生産を意味します。
BTOパソコンのショップではあらかじめ用意されたモデルがあり、それにパーツを変更したり追加して注文、自分が選んだ構成で組み立てて完成した状態で届けてくれます。

対して『自作』は自分でパーツを買い集めて組み立てることです。
『自作』は出来上がったPCを買うより安く済むという情報は一般的に広まっていますよね。
『自作』の安さに興味があるかもしれませんが、ゲーミングPC入門者には自作ではなくBTOパソコンが絶対オススメです。

自作PCのメリット

まず自作する利点についてからお話すると、次の2点でしょう。

自作PCのメリット

・すべて自分の好きなパーツで組める
・BTOで買うより少し安く済む

確かに安く手に入ります。組み立てることもそんなに難しくないです。
ただ、この2つのメリット目当てで自作を選ぶことをPC初心者にはオススメしない理由が以下のデメリットです。

自作PCのデメリット

自作するにはまずそれぞれのPCパーツ(グラボ、CPU、メモリ、電源、マザーボード、ケースなどなど)に対する知識が必要になります。
これから初めてゲーミングPCを使う場合、各パーツの選び方を判断できるだけの知識が必要です。

・オススメされているパーツは何が良いのか?
・他の商品と比べてどう違うのか?
・値段はどれくらい差があるのか?
・その情報は信じられるのか?

調べるだけで膨大な時間を使うことになります。
そして時間を使って得た情報もPCが完成したら、次にパソコンを買う何年後かまでまったく必要ないものになってしまいます。

また、PCが無事に動いてくれれば良いものの、いざパーツを揃えて組み立て完了して動かない場合も当然あります。
その場合は可能性ひとつひとつを全部自分で確認、解決しないといけません。

・接続の仕方が間違っているのか?
・パーツ初期不良なのか?
・初期不良ならどのパーツなのか?

初期不良ではなくてパーツごとの相性が悪くて動かないなんて場合もまれにあります。
原因を突き止めるのにもまた時間がかかるし、結局原因が分からなかったらと思うとゾッとしますよね。

BTOパソコンをおすすめする理由

BTOパソコンならショップがパーツを選んで、現時点で快適なゲームプレイが可能なモデルを用意してくれています。
なのでお手軽に十分な性能のパソコンを選ぶことができて、メーカー製PCに比べるとはるかに安いです。
もし性能が物足りないパーツがあればパーツを変更することもできます。(ショップが用意している物の中から)

そして熟練スタッフが組み立てて動作確認したものを送ってもらえるので、面倒ごとが起きる可能性も極めて低いのです。
到着したら電源やモニター、マウス、キーボードなどをつなげばすぐ使えるようになっています。
最近はPC入門者の購入も増えているため、購入後のサポートも充実してきていて安心感があります。

まとめると『自作』より『BTO』をオススメする理由は、

・自作の場合にかかる手間を全部カット
 → ゲームをプレイ出来るまでにかかる時間の短縮
・動作確認のとれたPCが届く
・BTOショップで一括サポートを受けられる
 (自作はパーツごとにサポート先が変わる)

という点です。
少し割高になったとしても、初心者にとってはBTOで買ったほうが時間的、安心感的にお得と言えます。

BTOパソコンを選ぶときの注意点

BTOパソコンはメーカー製パソコンと違う点がいくつかあります。
メーカー製と同じ感覚で買うと、「こんなはずじゃなかった」となることもあります。
注意点を2つ挙げていきます。

パーツ、周辺機器、ソフトが一式セットになっているとは限らない

メーカー製パソコンの場合は、パソコンに必要なパーツや周辺機器が一式セットになっているものがほとんどですよね。
パソコン本体の他にディスプレイ、光学ドライブ、マウス、キーボードなど、ワードやエクセルなどのソフトも入ってたりします。

それに比べてBTOパソコンは、デフォルトの構成だと組み込まれてないパーツがありますし、ソフトに至ってはまず入っていません。
スペック表を見て、欲しいパーツが搭載されているかいないかだけは確認しましょう。

特に光学ドライブは搭載されていないことが多いです。
必要な場合は注文前に追加して一緒に組み込んで作ってもらった方が楽ですね。

ディスプレイ、マウス、キーボードについてはBTOショップに用意されている種類が少ないことと、PCケースの中に入れる物ではないので、自分の気に入ったものを別で買う方がオススメです。

サポートの手厚さの違い

「BTOパソコンはサポートを受けられない」なんてことはありませんが、メーカー製ほど至れり尽くせりな対応はしてもらえないことがあります。

例えばメーカー製は購入後の1年保証で修理を無償対応してもらえるところが多く、送料もメーカー持ちだったりしますよね。
BTOでも基本的に1年保証はついています。
しかし修理は無償でも、送料はこちら持ちの場合が多いです。

じゃあメーカー製の方が良いかというと、メーカー製は対応が良い分値段が高く設定されています。
この点については安さを求めてBTOパソコンを選ぶのですから、ある程度受け入れる必要があるでしょう。
サポート内容はサイトにしっかり書かれているので、後から不満に思わないためにも要確認ですね。

自分に合ったゲーミングPCを買って楽しいゲームライフをゲットしよう

パソコンでゲームをする人はどんどん増えてきています。
そんな中でゲーミングPCを買ってから「もう1つ上の性能にすればよかった」と後悔する声も少なくありません。

管理人も以前に失敗を経験していますが、その失敗を活かしたPC選びをして満足のいくPCを手に入れることができました。
当サイトを見た方には最初から満足できるPCが選べるように、持ってる知識をすべてお伝えするつもりです。

自分に合ったゲーミングPCを手に入れて、快適なゲームライフを過ごしましょう!

【厳選】ゲーミングPC初心者におすすめのパソコン

タイトルとURLをコピーしました